引越し キャンセル

引越しとキャンセル

引越し キャンセル

 

引越しの予約をした時はキャンセルするつもりは全くなくても、予期せぬことでキャンセルしなくてはならないことはあります。
例えば家族の急病、入院、手術であったり、交通事故、会社命令の出張などは自分ではどうすることも出来ません。

 

そんな予期せぬキャンセルの時に一番気になるのは「キャンセル料はいつから、そしていくらかかるのか」ということではないでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると次のようなことが書かれてあります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

つまり引越しの前日のキャンセルは運賃の10%以内、引越し当日のキャンセルは運賃の20%以内で、それ以外のキャンセルにはすでに提供されたサービスの実費のみ負担ということですね。

 

驚くほど依頼者に親切だと思いませんか?
そんなにギリギリでもいいんだ。

 

しかし引越し業者にとっては、キャンセルは1週間前であっても迷惑な話であることに変わりありません。
まして3日前にキャンセルされてキャンセル料も貰えないとは、非常に迷惑なことでしょう。

 

ですから、キャンセルが決まったら少しでも早く伝えてください。
引越し日までに時間の余裕が1日でも長ければ、新しく別の人の予約を入れることができるかもしれないからです。

 

それとこの標準引越運送約款はいつか内容が変更されることも考えられますから、引越し業者と交わした契約書のキャンセルについての所は必ず目を通しておいてください。