冷蔵庫送料

冷蔵庫の送料を安くする引越し裏技

冷蔵庫 送料

冷蔵庫 輸送

冷蔵庫 運賃

冷蔵庫 送る

冷蔵庫 引越し

 

部屋の中で運ぶのが最も大変なのは、冷蔵庫ではないでしょうか?

 

400Lを超える冷蔵庫は、素人が運ぶのは危険です。
冷蔵庫を運んでくれる業者は、引越し業者、宅配業者、便利屋などがあります。

 

この中で、1番数が多いのは引越し業者です。
業者の間で競争がなければ、価格の競争も生まれません。

 

冷蔵庫の運搬は、毎日たくさんの冷蔵庫を運んでいる引越し業者にお願いしましょう。
引越し業者は一括見積もりが出来ます。

 

冷蔵庫 送料

 

まとめて見積もりが取れるの、簡単に相場や1番安い会社を見つけることができますよ。

 

冷蔵庫だけを運んで欲しいという依頼でも大丈夫です。
引越し業者には、大きな家財だけを運ぶサービスがあります。

 

お気軽にお見積りくださいね!

 

いろいろな一括見積もりサイトがあります。複数申し込むと一番安いところが見つかります。かなりお得になりますよ。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しと繁忙期

 

引越しと繁忙期

 

 

引越しの費用は、荷物の量と引越し距離が同じであれば1年中いつでも同じというわけではありません。
引越しは3月が1年で一番件数が多く、この時期はどこの引越し業者も猫の手も借りたいほど忙しいのです。

 

この時期は繁忙期と呼ばれ、引越しの価格は通常期に比べて高く設定されています。
もし引っ越し時期にこだわりがないのであれば、3月前後の繁忙期は避けた方が無難です。
冷蔵庫を運ぶのも同じで、3月は費用が高めになります。

 

それでも繁忙期にしか引越しできないようであれば、引越しの準備を早くスタートさせるのが1番良い方法です。

 

引越し業者は沢山ありますが、繁忙期は引越しをしてくれる業者が見つからないという事態もあり得ますから、新居の住所がわかったらすぐに複数の引越し会社に見積もりを依頼しましょう。

 

まだ余裕のある時期なら複数の業者から見積もりが届きますが、ギリギリになると1社のみ、最悪0社ということもあり得ます。
繁忙期の引越しはスピード勝負ですので、とにかく業者をおさえてしまいましょう。

 

繁忙期に引越しが集中する理由は、大学への進学・会社の就職・春の人事異動での転勤などが新学期がスタートする4月に間に合うようにと一斉に移動するからです。
これらに該当する人たちは避けようがありませんので、もしこの時期にこだわらないのであれば通常期に引越ししましょう。

 

 

おおまかな引越しの手順

 

おおまかな引越しの手順

 

引越しの時はすることがとても多いので、先におおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

 

まずは引越し業者を決めたいところですが、新居が決まってないと正確な費用が計算できないのです。
なぜなら新居の何階に引越しするのか、エレベーターはあるのかなど細かい条件によっても費用が変わるからです。
引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからすぐが1番オススメです。

 

引越し料金はできるだけ安いほうがいいですよね。
荷物が多いと大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、引越し費用が当然高くなるのです。
不用品は引越し前に売ったり、あげたり、捨てましょう。

 

市外引越しなら、市町村役場で転出届を提出します。引越し日の2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなど余計な手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、ついでに国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日を伝えましょう。
その日までの費用を日割り精算してくれるはずです。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡をしてください。

 

郵便物が新居に届かなくなると困ります。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出しておけば、1郵便物を1年間だけ新居に転送してくれます。
この1年間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしてください。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具や家電の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行ってください。
市内引越しなら転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで役所からの選挙のお知らせなどが届きます。

 

運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるものは早めに住所変更をしてください。
銀行やクレジットカード会社、生命保険や自動車保険会社などにも忘れないうちに住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。

 

 

引越しのダンボールを手に入れる方法

 

引越しダンボール

 

引越しの際にはダンボールが大量に必要となります。
もらってくればいいのですが、何度も往復が大変なほど大量に必要な場合もあります。
他の人はどのようにダンボールを手に入れているのでしょうか?

 

大手の引越し業者には「契約すれば、ダンボールを最大50箱をプレゼント」というところもあります。
便利なハンガーボックスは無料で貸出しという形が多いようです。
これらのサービスはかなり助かりますよ。

 

ダンボールは大きいほうが一度に梱包できて便利な気もします。
しかし大きすぎるとついつい荷物を入れすぎて重くなり、持てなくなったり底が抜ける危険があります。
そんなわけであまり大きなダンボールは使えないのです。

 

大きいダンボールではないので、50個貰っても足りないこともあります。

 

そうなると引越し業者にお願いして有料で追加購入するか、ホームセンターやネットで買うか、スーパーやドラッグストアなどでもらうなどして入手しなければなりません。

 

スーパーでもらえばいい気もしますね。
最近のスーパーではダンボールをお客様用に置いてありますが、多量の持ち帰りを禁止しているところもあります。
あくまでもレジ袋の代わりなので、大量に持って帰られると困るのです。

 

ドラッグストアなどでもらえないか聞いてみるのもいいですね。

 

ダンボールは3種類くらいの大きさのものを用意して、重い物は小さい箱に入れるなど持ち上げても底が抜けない工夫をしましょう。
さらに外から見て中に何が入っているのかわかるようにしておいてくださいね。

 

 

レンタカーで冷蔵庫を運ぶ

 

引越し レンタカー

 

自分で冷蔵庫を運べば安いのでは・・・と考えませんでしたか?
トラックのレンタカーで冷蔵庫を運ぶと仮定してシュミレーションしてみましょう。

 

まずレンタカーで冷蔵庫を運ぶ条件は@距離が近いこと A人手があることです。

 

運ぶ先が遠いとレンタカーで、自分で冷蔵庫を運ぶのは難しいです。
なぜならレンタカーでの運搬中に背の高い冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うととても怖くてスピードも出せませんし、時間がかかってしまいます。
そもそも遠距離ですと、往復の距離のガソリン・交通費などもかかるので費用が安く済みません。
レンタカーは違う営業所に返却することもできますが、手数料が結構かかります。

 

最後にガソリン代を満タンにしてから返さなければなりませんので、少し早めにレンタル会社に向かわかねばならないのです。
時間に追われると気が焦り危険です。

 

あとは冷蔵庫を運ぶのを手伝ってくれる人が必要ですが、友人や知人にそういうアテはありますか?
冷蔵庫は大きなものだと100kgにもなりますから、1人で動かすことはできません。
あとトラックに載せるために高く持ち上げないといけないので、できれば男性が2人欲しいところです。

 

さてレンタカーの配送は安くなるイメージがありますが、実際はどうなのでしょう?

 

トラックの1日レンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいです。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかりますが、これだけで済むなら安いと言えますね。

 

しかし注意しないといけないのは、冷蔵庫を落として壊しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることです。
無理矢理引きずって動かしたりしないようにしてくださいね。

 

 

引越し業者の有料オプションは何ができる?

 

引越し オプション

 

引越し業者の見積もりには、人件費と交通費とオプション費があります。
スタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代が交通費として、オプション費って何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションは以下のようなものです。

 

1.エアコンの取り付け・取り外し
2.テレビの取り付け・取り外し
3.ハウスクリーニング
4.車の陸送
5.ピアノの運搬
6.ペットの運搬
7.殺虫サービス
8.荷物の一時保管

 

必要な人だけ選んでカスタマイズできるのが、オプションです。

 

エアコンは室外機と配管で繋がれていますから、電気屋さんでないと取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
旧居で1回、新居で1回の計2回も来てもらう必要があるので、面倒なんです。
その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあります。
オプションでピアノの運搬を依頼してから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

 

冷蔵庫宅配 冷蔵庫運搬相場