冷蔵庫の引越し料金を安くする方法

引越し料金を安くする方法

冷蔵庫 料金 安く

 

引越しの費用は、荷物の量が同じであればどの月に頼んでも料金が同じというような単純な話ではありません。

 

1年のうちで引越しの件数が最も多いのが3月です。
3〜4月は日本中で新学期のために最も多くの人が移動する時期で、この時期はどうしても引っ越しの料金は高く設定されています。
もしずらせるなら、3月の引越しは避けましょう。

 

そして他にも土日祝日、さらには午前中に引越ししたいという人は多いため、平日に比べると引越しの価格が高めです。
出来るなら平日の午後の引越しがオススメです。
時間指定をしないフリー便であれば、割引のある引越し業者もありますので狙い目です。

 

もし友人が引越しを手伝ってくれるなら、トラックとドライバーだけを手配するチャーター便を使うことができます。
軽トラックをレンタルするという手もありますが、素人だけでは荷物を荷台に上手に載せることが出来ません。
何度も往復することになったり、レンタルの時間内に作業が終わらないなどゴタゴタする可能性もあります。

 

遠方の引越しは一番費用がかかります。
もし時間に余裕があるのなら同じ地域に荷物をまとめて運ぶ混載便を待つという手もあります。
これは配送までに時間がかかるかもしれませんが、費用がかなり抑えられます。

 

これらは引越しの常識でありますが、冷蔵庫を運ぶ場合にもあてはまります。
引越し業者が忙しい時期は出来るだけ避けましょう。